Dr.Ai MayumiDr.Ai's method

Dr.Ai Mayumi プロフィール

表参道FMクリニックで皆様のお悩み解決をお手伝いしています、真弓 愛です。
私からは、紫外線によるシミやくすみ、シワ、毛穴の開き、たるみなどを改善するドクターズスキンケア『AI-GRACIAS』化粧品をご提案いたします。

紫外線の影響によって起こる老化を軽減・改善して、肌の若々しさを維持できるようアドバイスさせていただきます。

監修医(美容皮膚科・美容内科・抗加齢医学専門医)
真弓 愛

経歴等

日本美容皮膚科学会、日本皮膚科学会等で最新レーザー治療や医療脱毛について教育講演、学術講演を多数おこなっており、医師へのレーザー指導もおこなっている。
最新ピコレーザーについても日本に初導入(キュテラ社製ピコレーザーenLIGHTen V)し、ピコフラクショナルレーザー治療についても提唱し臨床研究をおこなったレーザー治療の第一人者として知られる。
2021年には西日本最大規模クラスといわれる美容医療複合施設『GRACIAS TAKAMATSU』の総合プロデューサーに就任。

2010年 真弓愛メディカル美容皮膚科を開院
2021年 診療科増設、移転に伴い『真弓愛メディカルクリニック』に改称

日本抗加齢医学会認定専門医 / 日本医師会認定産業医
日本プライマリケア連合学会認定医 / 高濃度ビタミンC点滴療法認定医
臨床CBDオイル研究会ボードメンバー / 通販化粧品『ライスフォースシリーズ』監修医

ドクターズスキンケア AI-GRACIAS (アイグラシアス)

ブランドコンセプト

肌に届く。ココロに届く。
〜真の自分に目覚める新時代のドクターズスキンケア〜

スキンケアコンセプト

光老化の記憶ゼロ
肌老化の原因の80%は「紫外線」であることをご存じですか?
これを「光老化」といいます。
AI-GRACIAS化粧品は、この「光老化」を改善するドクターズスキンケアです。

光老化による皮膚症状:シミ・くすみ、シワ、毛穴の開き、乾燥、ハリ・キメのなさ、たるみ

ブランドコンセプト〜自分に目覚める新時代のドクターズスキンケア〜

臨床試験結果(医学誌に掲載)

お肌のストレス(炎症)をおさえ、肌上の常在菌バランスをリペア(菌活)
そして、上質な肌質へ(ハリ・弾力のある肌)

各製品の説明

クレンジングジェル
コンセプト
やさしく洗いながら肌荒れ・炎症を抑える(Wヒアルロン酸)
3つの特長
1、アミノ酸系、植物由来の成分で洗浄 とろっとした感触で、メイクなじみもよく、汚れをしっかりと取り去ります。
洗いあがりがさっぱりとしていているのにつっぱりません。

2、複合保湿成分配合 肌のNMFの研究から生まれた8種類のアミノ酸及びPCAで構成された複合保湿成分を配合しています。
さらにダブル(2種)の機能性ヒアルロン酸配合で、洗顔しながら、肌にうるおいを与えます。

3、抗炎症作用 現代の肌は紫外線や室内外との温度差で過酷な状態にさらされています。
ステビア発酵エキスとロイヤルゼリータンパク配合で、洗いながら肌荒れをケアします。

NMF様成分

肌のNMFの研究から生まれた複合保湿成分。 NMF成分である8種類のアミノ酸およびPCAで構成されており、アミノ酸の構成はNMFに含まれるアミノ酸組成をモデルとしています。

表示名称:ベタイン、PCA-Na、乳酸Na、PCA、セリン、アラニン、グリシン、グルタミン酸、リシンHCl、トレオニン、アルギニン、プロリン


年齢とともに失われるNMFとほぼ同等の組成のため、補うことで、肌の水分が蒸発することを防ぎます。

W(2種)のヒアルロン酸

ヒアロリペア修復型ヒアルロン酸
表示名称:加水分解ヒアルロン酸アルキル


洗いながら、角層のバリア機能を修復するので、皮膚のうるおい力が上がります。

ヒアロオリゴ 浸透型ヒアルロン酸
表示名称:浸透型/加水分解ヒアルロン酸


洗いながら、角層へ浸透するため、洗いあがり後もしっとりとした肌へ。

独自のステビア発酵エキス

表示名称:サッカロミセス/(ステビア葉/茎)発酵エキス

パラグアイなどの南米原産のキク科の多年性植物ステビアの葉と茎そのものをパン酵母により発酵させて得られるエキスです。
ステビア発酵エキスは、皮膚のかゆみ、炎症やアレルギー反応に関わるH1受容体の作用を抑制する、抗ヒスタミン作用を有します。
抗炎症作用により、肌荒れを抑え、トラブルが起こりにくい肌へと導きます。
※特許第4375758号(抗ヒスタミン物質およびその製造方法)

ローヤルゼリータンパク

表示名称:加水分解ローヤルゼリータンパク

・紅斑、炎症性サイトカイン、ROS産生抑制
・ローヤルゼリー特有のタンパク「ロイヤリシン」、「アビシン」を含みます

スキンリペア化粧水
コンセプト
お肌の美肌菌を育てる(菌活スキンケア)
3つの特長
1、生体成分でやさしく保湿

肌のNMFの研究から生まれた8種類のアミノ酸及びPCAで構成された複合保湿成分を配合。
さらにダブル(2種)の機能性ヒアルロン酸配合で肌をうるおいで満たします。
またヒト型セラミドでセカンドスキンを形成し、うるおいを逃がしません。

2、肌の常在菌バランスの正常化(菌活) サッカロミセスが肌の常在菌バランスを 整え、肌のバリア機能や保水力をアップします。
3、バリア機能を補修 セラミドを産生するスフィンゴミエリンをナノ粒子化。
角層に浸潤し、セラミドを産生し、バリア機能をアップさせます。
ヒアロベール

ヒアロベール 吸着型ヒアルロン酸 
表示名称:ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

ヒアロベールは、「保湿力」や「粘弾性」といったヒアルロン酸の特長に加えて、洗っても流れ落ちない「吸着性」を実現させたものです。
うるおいを持続させます。


クレンジングジェルとの組み合わせとは異なり、ローションでは、修復型+吸着型です。

セルライク(セカンドスキン)

表示名称:水添ホスファチジルコリン、セラミドNP(セラミド3) 他


セカンドスキンを形成し、肌を長時間保湿します。

独自のプロバイオティクス

表示名称:サッカロミセス/ダイズタンパク発酵物

肌フローラのバランスを整える美肌菌の「完全栄養食」
酵母-大豆発酵物

酵母-大豆発酵物とは、大豆を独自の発酵技術を使用し酵母と発酵することにより、大豆単体からでは得られない有効性を引き出した発酵エキスです。
さらに、高圧抽出技術により、発酵物から有効成分を十分に抽出することで、栄養成分の濃度を高めました。

洗顔や入浴後直ぐ、菌叢が乱れまた増えようとする働きを助けます。
培養6時間で菌増加が観察出来る事から、洗顔・入浴から次の洗顔・入浴までに十分菌叢を回復してくれます。

 

プロセラミドナノディープモイスト

表示名称:スフィンゴミエリン

◆スフィンゴミエリン
生体内に存在するリン脂質の一種。セラミド産生作用があり、肌の保湿効果があります。

スキンリペアオイル(VA)
コンセプト
ビタミンA(レチノール)とバクチオールで肌リセット
3つの特長
1、有効成分をスローリリース

オイルなのにべたつかず、なじみやすい感触。
ベースオイルにはとことんこだわり、肌の角層へ有効成分がゆっくり浸潤していくので、翌朝の肌がつややかになります。

2、ビタミンAと バクチオール配合 美白・抗シワ効果のあるビタミンA(レチノール)と安定型バクチオール配合で、透明感のあるツヤ肌へと導きます
3、5種のオーガニックオイルと5種の精油配合 オーガニック認証取得のオイルを5種配合。
またトップノートからラストノートまでを考えた精油で、心地よくマッサージも出来ます。
リノール酸レチノール

表示名称:リノール酸レチノール
INCI名:RETINYL LINOLEATE

リノール酸レチノールは、抗シワ効果のあるレチノールと美白効果のあるリノール酸を併せ、レチノールの安定性を高めた製品です。
皮膚に塗布した際に、レチノールとリノール酸が、効率よく機能するので、抗シワと美白の両方の効果が期待できます。

リノール酸レチノールの抗シワ効果

<正常ヒト線維芽細胞におけるT型コラーゲン産生量の評価>
正常ヒト線維芽細胞に所定の濃度のリノール酸レチノール、あるいはレチノールを添加し、48時間後の培地中のT型コーラゲンの産生量を定量。
結果は12.5µmol/L以上の濃度で、いずれも優位に増加。

リノール酸レチノールの美白効果

<正常ヒトメラノサイトにおけるチロシナーゼ生合成の評価>
正常ヒトメラノサイトに所定の濃度のリノール酸レチノール、あるいはリノール酸を添加し、48時間後の培養後、細胞を溶解して、チロシナーゼ生合成量を基質である3,4-Dihydroxy-L-phenylalanineによる呈色法を用いて測定した。
結果は25µmol/L以上の濃度で、濃度依存的に、チロシナーゼ生合成量を有意に減少させた。
一方、リノール酸を添加した場合、細胞毒性が認められない濃度範囲においては、有意なチロシナーゼ生合成の減少は認められなかった。

リノール酸レチノールのヒアルロン酸効果

<正常ヒト表皮細胞におけるヒアルロン酸産生量の評価>
正常ヒト表皮細胞に所定の濃度のリノール酸レチノール、あるいはレチノールを添加し、24時間後の培地中のヒアルロン酸の産生量を定量。
結果はすべての添加濃度で、有意なヒアルロン酸産生の増加が見られた。

バクチオール

表示名称:バクチオール

インドの民間療法アーユルヴェーダで使われるバブチの種子に含まれる有効成分がバクチオールです。
レチノールと似た機能を持ち、安定性、安全性に優れています。
自身がレチノールと同様の働きをするだけでなく、レチノールと併用することで、レチノールの光酸化や、一重項酵素に対する安定性も向上する効果があります。

5つの天然植物オイル

香りについて

すっきりとした甘いフルーツの香りに誘われて近づくと、
さらに魅惑的なラベンダーフローラルな香りに導かれます。
ラストはダマスクバラの香りで、甘美な世界へ…
余韻が心に残る香りです。

Top:レモン、マンダリンオレンジ、ベルガモット
Middle:ラベンダー
Base:ダマスクバラ

<ダマスクバラ花油>
世界が認めたブルガリアのローズオイルの誇り、それは、たった1gのオイルをとるのに、1,800輪もの花びらを必要とするその贅沢な手間にあります。
香油成分が一番多く含まれる朝摘みの花びらに山々の清冽な地下水だけを加え、昔ながらの水蒸気蒸留法で抽出します。
溶剤を使うことなく、花びらと水だけでつくる伝統的な製法にこだわることで純正を可能にしました。
丹念に、丁寧に、蒸留時間や温度、花びらと水の量などの比率を見極めているのは、バラを熟知した職人たち。
ひと手間かけたプロの技と心が比類なき芳香を放つローズオイルをつくり上げているのです。

ご相談・お問い合わせフォーム

Inquiry

お問い合わせはこちら